読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は上々だ

ジャニヲタとして生きた証を残してます。

SMAPを思う秋

暑すぎた夏が終わって、もうすぐ冬が来る。

あの夏の夜から2ヶ月がすぎた。

何がどうなって、何が真実か分からないまま2ヶ月がすぎた。


9/9は久々に心から楽しいと思えた。
本人の姿は無くとも、ファンがそれぞれの方法でデビューを祝い、楽しんだ。

アルバムの発表、シングルMV集の発表、嬉しい。
素直に嬉しかった。
SMAPのためにお金を使えることが、こんなに嬉しいことだとは思わなかった。

同時に、なんとも言えない寂しさも感じる。
事務所が有終の美を無理やり飾ろうとしているのではないか?と。

そんなの許さない。


おい、SMAP
ファンに何も言わずにステージから降りるなんて許さないからな。
こっちは1ミリも諦めてないんだ。
まだ雲の上から地上に来るのは早い。
そんなことしたらあのでっかい団扇で扇いで雲の上に戻すぞ。

頑張ってるから、SMAPも、頑張れ。



SMAPがどう思ってるのかは分からない。
憶測にすぎない。

でも、願わくば5人がまたSMAPとして活動できる日を待っている。

たとえ、このまま今年が終わったとしても、彼らはSMAPでありアイドルだ。

そして私もSMAPファンだ。


辛く険しい道のりも、SMAPとなら歩きたい。

どんなにバラの棘が体を傷をつけても、石を投げられても、強い雨や風が吹いても、歩いていきたい。


私は、人生かけてSMAPを好きでいたい。


SMAP、もう少し一緒に走らせてくれないか??